居宅介護支援(ケアプラン作成)とは

利用者さまが適切な介護な介護サービスを利用できるよう、また介護をされるご家族にとっても安心した暮らし送れるよう、どのような介護サービスをいつ、どのぐらい利用するのが良いのか、利用者さまにとって最適・最善のケアプランを作成することです。

ケアマネージャーが、利用者さまお一人おひとりの心身の状態にあわせ、また利用者さまご本人とご家族の要望を踏まえて作成します。

※ケアプラン作成サービスは全額介護保険負担となりますので、利用者のご負担はありません。介護保険料を納めていない方は全額自己負担となりますのでご了承ください。

ケアマネージャー(介護支援専門員)とは

介護の知識を広くもった専門家で、利用者さまに適したケアプランを作成し、利用者さまとサービス提供事業者の間に立って連絡調整をする「介護保険の道案内人」です。

〈ご利用方法〉

1.ケアマネージャーによるアセスメント(課題分析)

  利用者さまの心理の状態や環境、生活歴などを把握し、ご利用時の課題を分析します。

 

2.サービスについての話し合い

  本人の力を引き出せるようなサービスを利用者様・ご家族・サービス担当者で検討します。

 

3・ケアプランの作成

  利用するサービスの種類や回数を決めます。

 

4・ご契約

 

5・居宅サービスのご利用

  ケアプランをもとにサービスをご提供致します。